特殊ジャンルは過激作品が多い!?

男性ならば、一度は視聴したことがあるエロ動画の世界、しかし、その数が多くなるにつれて、段々マンネリ化してつまらないものばかりに思ってしまうものです。

そういった方にお勧めなのは、特殊ジャンルであり、意外にも、過激な作品が多いのが特徴です。

中でもSMは、S気の人と、M気な人のプレイであり、Sは、サディスト的要素が、Mは、マゾヒズムの人を指します。

前者は、相手に苦痛を与えることに快感を覚える人格で、第三者からすると、ちょっと過激すぎると思ってしまいますが、本人にとっては、まだまだと益々攻撃的になってくるのです。

一方後者は、前者とは全く違い、相手からの攻撃に対して、苦痛を感じながら、しかし、実は嬉しいという気持ちが湧き上がってくるという性質です。

ということから、二つは全く違う、真逆の存在であり、この真逆の性質の二人が性的プレイをすることで、過激になり、そして、視聴者にとっては、二人の過激プレイに、テンションも上がってくるのです。

S気女性がムチを持ち、ビシバシ男性を叩き、調教するシーンは、やられたい!という気持ちが出てきて、実は自分にはM気があったのだと気づかされることもあるのです。

ノーマルだと思っていた自分が、SMの魅力にはまってしまうこともよくある話なのです。